肌にできるアトピーも保湿効果で治そう|肌ケアで綺麗肌をゲット

コストを抑えたエクステ

まつエク

セルフでまつエクを付けることによってコストを抑えてエクステを楽しむことができます。サロンで行う1回分の費用で道具や材料をすべて揃えることが出来ますので、コストを抑えたい人はセルフにチャレンジしてみましょう。

More Detail

アルジタル海泥ソープ

女の子

にきびは、毛穴に汚れがつまり、皮脂と混ざり合って炎症を起こしている状態です。アルジタルのヴェジタルソープという石鹸で、毛穴の汚れを取り除き、含まれるはちみつ成分で保湿、プロポリスで殺菌抗菌効果を促すことで、にきびの再発を防ぎましょう。

More Detail

正しい使い方

ファンデ

プレストタイプのミネラルファンデーションはコンパクトなサイズと持ち歩きやすいのが特徴です。塗る際には必ずスキンケア等をして保湿を行い肌に潤いを与え、少量から重ねて塗っていくと化粧崩れがしにくくなります。

More Detail

トラブル肌をケアする

女性

適量を塗布

アトピー性肌の治療では、一般的に塗り薬が多く使われます。ステロイド剤などの作用が強い薬も頻繁に処方されるのが、昨今の皮膚科の治療です。この手の薬を使用するに当たっては、適量を守ることが非常に大切になります。使用量が多すぎても少なすぎても問題です。適した量は、塗布する場所によって変わってきます。面積の広さによって、使用量を調節する必要が出てくるのが、塗り薬のやや面倒な所です。薬の量のチェック法には、一定のやり方があります。副作用を抑えるためにも、このような量の調整は非常に大切です。十分な効果を得るためにも、適した量の薬を使用することが求められてきます。使用量については医師のアドバイスを受けるのも、一案です。

潤い成分の使用が可能

現在の皮膚科では、アトピー肌の方に治療薬と併用出来る保湿剤を処方します。アトピー肌の方は、肌のバリア機能の低下が状態を悪化させる要因の一つです。ですので、乾燥状態を極力避けることが推奨されます。病院で処方される保湿剤の種類は豊富で、状態に合ったものが選択されるのが常です。保湿と同時に炎症を抑える保湿剤もあり、アトピー肌の症状緩和に役立ちます。皮膚科処方の保湿剤は、アトピー肌にも負担にならないシンプルな成分となっています。ですので、余計な刺激を受けることなく保湿が叶うのがメリットです。市販の保湿剤の場合は香料などが含まれるケースが多く、使用する際にも不安が生じます。安心して使用出来るのは、やはり医療機関処方の保湿剤です。